Homeブログブログ就労移行支援事業所ハンドシェイクのカリキュラム提案

就労移行支援事業所ハンドシェイクのカリキュラム提案

sagara

helping hand insurance aimed at goal, increase motivation, way to achieve goal, teamwork, help in overcoming obstacles in  form of support Vector illustration

初めに

ハンドシェイクは、障害を持つ方々が自立した生活を送るための支援を行う就労移行支援事業所です。私たちは、個々のニーズに合わせたカリキュラムを提供し、地域社会での自立した就労を支援しています。障がいのある方々が社会で自分らしく活躍できるよう、幅広いプログラムやサポートを提供しています。

ハンドシェイクのカリキュラムは、参加者のニーズや興味に合わせて構築されています。整体プログラムやフラワーアレンジメントのプログラムなど、多彩なコースがあり、参加者が自分の強みを見つけ、将来の職場で活躍するためのスキルや知識を身につけることができます。また、就職活動のサポートも充実しており、ハローワークをはじめとした求人検索や応募書類の添削、面接の準備などを通じて、参加者が安心して就労を始められるようサポートしています。

さらに、就職後も定期的なフォローアップを行い、参加者が職場での適応や成長をサポートしています。定着支援や相談窓口の設置など、安心して働くための体制も整えています。

ハンドシェイクでは、参加者が自信を持って社会で活躍できるよう、継続的な支援を提供しています。興味をお持ちの方は、ぜひハンドシェイクにご相談ください。あなたのキャリアの一歩を共に支えます。

ハンドシェイクの就労移行支援カリキュラムの概要

就労移行支援の重要性

ハンドシェイクでは、障害を持つ方々が自立した生活を送るための支援を行っています。その中核となるのが、適切な就労移行支援です。障害を持つ方々が社会で自立し、自己実現を果たすためには、適切な職場での就労が欠かせません。

しかし、障害を持つ方々が職場での適切な支援を受けることは容易ではありません。一般的な職場では、障がいを持つ方々のニーズや特性に対応することが難しく、十分なサポートが得られない場合があります。そのため、ハンドシェイクでは、専門的な支援や指導を通じて、障害を持つ方々が職場でのスキルを習得し、自立した生活を送るための土台を築くことを目指しています。

適切な就労移行支援は、社会の多様性と包摂性を促進し、障害を持つ方々が自らの能力を発揮できる社会の実現につながります。障がいを持つ方々が適切な支援を受け、社会参加を果たすことで、彼らの多様な才能や価値が社会全体に貢献することができます。そのため、適切な就労移行支援は、社会の持続可能な発展と共に歩む重要な一環と言えます。

ハンドシェイクのカリキュラムの特徴

ハンドシェイクのカリキュラムは、個々のニーズに合わせたプログラムを提供し、継続的なフォローアップを行うことが特徴です。障害の種類や程度、個々の能力や志向に応じて、カスタマイズされた支援を提供します。これにより、参加者が自分に合ったスキルや知識を効果的に習得し、自己実現の道を歩むことができます。

また、卒業後も定期的なフォローアップやキャリアカウンセリングを通じて、就労者が安定した職場で長期間働くことをサポートします。参加者が職場での適応や成長に困難を感じた場合でも、専門的な支援を提供し、問題の解決に向けたサポートを行います。このようなフォローアップ体制により、参加者が安心して就労を続けることができます。

さらに、ハンドシェイクは、地域の雇用情勢やニーズを十分に理解し、地域との連携を密にし、地域に根差した支援を提供しています。東京都、町田市の地域に密着したサポートを行い、地域社会での就労を円滑に進めるためのサポート体制を整えています。地域の企業や施設との連携を通じて、参加者が地域社会で自立した生活を送るための機会を提供しています。

就労支援プログラムの内容

職業訓練プログラム

ハンドシェイクでは、職業訓練プログラムを通じて、職場で必要なスキルや知識を身につけることを支援しています。これには、実践的なトレーニングや専門的な指導が含まれます。職業訓練プログラムは、障害を持つ方々が自立した就労を目指すために不可欠です。

プログラムでは、各人の能力や志向に応じた職種に焦点を当て、実践的なスキルを習得するためのトレーニングを提供しています。参加者が自信を持って職場での業務をこなし、自己成長を遂げるためのサポートを行います。また、専門的な指導者やカウンセラーが参加者をサポートし、適切な技術や知識を効果的に習得できるように支援します。

プログラムは、参加者が実際の職場で求められるスキルや知識を身につけるために、実践的な演習や模擬作業を通じて行われます。参加者は、実際の職場環境に近い状況で、業務を体験し、問題解決能力やコミュニケーションスキルを向上させることができます。

ハンドシェイクの職業訓練プログラムは、参加者が将来の職場で自信を持って活躍できるよう、実践的かつ効果的なトレーニングを提供します。参加者一人ひとりの成長を支援し、自立した就労を実現するための基盤を築くことを目指しています。

自己理解と能力開発

ハンドシェイクでは、参加者が自己理解を深め、個々の能力を開発するプログラムを重視しています。このプログラムは、参加者が自らの強みや興味を発見し、自己成長を促進するための重要な機会となっています。就労においては、自己理解が重要であり、自分の能力や特性を正確に把握することが成功の鍵となります。そのため、ハンドシェイクでは、参加者が自分自身を理解し、自らの可能性を最大限に引き出すための支援を提供しています。

このプログラムでは、参加者が自己理解を深めるために様々なアクティビティやワークショップが行われます。参加者は、自分の興味や価値観、強みや弱みなどを探求し、自分自身について新たな発見をすることができます。さらに、専門的なカウンセラーやコーチングスタッフが参加者を支援し、自己理解のプロセスをサポートします。

また、能力開発に焦点を当てたトレーニングも行われます。参加者は、コミュニケーション能力や問題解決能力、リーダーシップスキルなど、就労に不可欠なスキルを磨くことができます。これにより、参加者は自信を持ち、自己成長を遂げるだけでなく、職場での成功に向けて積極的に取り組むことができるようになります。

ハンドシェイクでは、参加者が自らの可能性を信じ、自分の夢を追求するための力を身につけることを目指しています。自己理解と能力開発を通じて、参加者が自立した生活を送るための力を身につけるお手伝いをしています。

整体の学習プログラム

ハンドシェイクでは、整体の学習プログラムも提供しています。整体は、身体の不調や疲れを和らげる手技療法であり、就労者にとって重要な技術です。このプログラムでは、整体の基本から応用までを学ぶことができます。

整体の学習プログラムでは、専門的な指導者やトレーナーが参加者をサポートし、実践的な技術の習得を支援します。参加者は、身体の構造や機能に関する基礎知識から始め、手技や施術方法などを実践的に学びます。さらに、実際のケーススタディやロールプレイを通じて、実践的なスキルを習得し、プロの整体師としての自信をつけることができます。

東京都、町田市で珍しい整体の学習機会を提供することで、就労者のスキルアップキャリアの幅を広げることを目指しています。整体の技術は、身体的な不調やストレスを軽減し、心身の健康をサポートする重要な手段です。ハンドシェイクでは、参加者が整体の技術を習得し、自らの専門性を高めることで、自立した就労活動を実現するお手伝いをしています。

このように、ハンドシェイクのカリキュラムは、就労者が社会で自立した活動ができるように、幅広いスキルや知識を提供しています。参加者が自分の興味や能力に合わせてプログラムを選択し、自己成長とキャリアの発展を目指すことができます。

適切な職場への支援

キャリアカウンセリングと進路相談

ハンドシェイクでは、キャリアカウンセリングや進路相談を通じて、各個人に最適な職場への就労支援を行います。個々の適性や志向に合わせた就労先の紹介やアドバイスを行い、参加者が自分に最適な職場環境で働くことができるようサポートします。

キャリアカウンセリングでは、参加者の職業適性やキャリアパスについて深く掘り下げ、適切な職場環境や職種を提案します。専門的なカウンセラーが参加者と対話し、参加者の強みや興味、将来のキャリア目標などをじっくりと話し合います。その結果、参加者が自分の適性や志向に合った職場を見つける手助けをします。

進路相談では、参加者と一緒に将来のキャリア目標や希望を明確にし、その実現に向けた計画を立てるための支援を行います。参加者の希望や目標を考慮し、適切な職場やキャリアパスを提案し、具体的なアクションプランを立てます。また、進路相談では、必要な資格取得やスキルアップのためのプログラムや施策についてもアドバイスを行います。

これにより、参加者は自分に合った職場やキャリアを見つけ、自己実現を果たすための道筋を作ることができます。ハンドシェイクでは、参加者一人ひとりの個性やニーズに合わせた就労支援を行い、自立した社会生活を送るためのサポートを提供しています。

実践トレーニングと就労体験

ハンドシェイクでは、実践的なトレーニングや就労体験を通じて、参加者が実際の職場での経験を積む機会も提供しています。これにより、参加者は自信をつけて自立した就労を目指すことができます。

実践トレーニングでは、参加者が実際の業務や作業に携わりながら、職場で必要とされるスキルや知識を身につけることができます。専門的なトレーナーや指導者が参加者を指導し、実践的なスキルの習得を支援します。参加者は、実際の業務に従事しながら、職場での問題解決やチームワークなどのスキルを磨くことができます。

また、就労体験では、実際の職場環境での勤務経験を通じて、職場での振る舞いやコミュニケーションスキルを向上させることができます。参加者は、職場での実践的な経験を通じて、自らの能力や適性を確認し、自己成長を遂げることができます。また、実際の職場での経験を通じて、職場の雰囲気や仕事の内容に慣れることができ、自信をつけて将来の職場での成功に向けて準備を進めることができます。

これらの経験を通じて、参加者は自らの能力や可能性を発見し、将来の職場での成功に向けて準備を進めることができます。ハンドシェイクでは、参加者が実践的な経験を通じて自己成長し、自立した就労活動を実現するお手伝いをしています。

地域との連携とサポート

地域密着型の就労支援

ハンドシェイクは地域との連携を重視し、地域密着型の就労支援を展開しています。地域の企業や団体とのパートナーシップを築き、就労機会の提供や支援体制の構築を行います。

地域密着型のアプローチでは、地域の雇用ニーズや求人情報を把握し、参加者に適した職場を見つけることができます。地域の企業や団体との密接な関係を築くことで、参加者にとって適切な職場環境を見つけることができます。また、地域の雇用情勢やニーズを把握することで、参加者にとって最適な職場を見つけるための情報提供やアドバイスが可能となります。

さらに、地域企業との連携を通じて、参加者の能力や適性に合った職場への紹介や職場定着支援を行います。地域企業とのパートナーシップを活用し、参加者が自立した就労を実現するための支援を提供します。地域の企業や団体と連携することで、参加者が地域社会と密接に結びつき、地域での自立した生活を送るための機会を提供します。

ハンドシェイクでは、地域との連携を重視し、地域密着型の就労支援を通じて、参加者が地域で自立した就労を実現するための支援を行っています。

東京都、町田市での地域ネットワーク

特に、東京都、町田市を拠点に、地域のニーズに応えたサポートを展開しています。ハンドシェイクは、地域の雇用状況や需要に即したプログラムを提供し、地域社会の一員としての自立を支援します。

東京都や町田市との緊密な連携を通じて、地域の雇用機会や福祉リソースにアクセスすることができます。地域の政府機関や地域団体との協力関係を築きながら、参加者に最適なサポートを提供します。東京都や町田市では、様々な雇用支援や福祉サービスが提供されており、それらのリソースを有効活用することで、参加者が自立した生活を送るためのサポートを充実させています。

また、地域の企業や団体との連携を強化し、地域社会での就労機会の創出や支援体制の充実を図ります。地域の企業と密接な関係を築くことで、参加者にとって適切な職場を見つけることができます。地域の雇用主と協力して、参加者のスキルや能力に合った職場を提供し、地域社会での自立した就労を支援します。

ハンドシェイクは、地域社会との協力関係を築きながら、参加者が地域で自立した生活を送るためのスキルや機会を提供しています。地域ネットワークを活用し、地域の雇用機会や福祉リソースにアクセスすることで、参加者が自らの可能性を最大限に発揮し、地域社会で充実した生活を築いていくことを支援しています。

成果と展望

ハンドシェイクの就労移行支援の成果

ハンドシェイクのカリキュラムは、多くの利用者による成功事例を生み出しています。自立した就労や社会参加を実現し、地域社会に貢献しています。参加者たちは、ハンドシェイクの支援を受けながら、自らの能力を発揮し、職場での成功を収めています。彼らの成功は、地域社会における多様性と包摂性の向上につながり、地域全体の発展に貢献しています。

ハンドシェイクは、これまで数多くの参加者が自らの目標に向かって歩みを進める中で、その支援の成果を実感しています。参加者たちの成長と成功は、単に彼ら個人の幸福だけでなく、地域社会全体の発展にも貢献しています。彼らが就労し、自立した生活を送ることで、地域経済の活性化や社会的なつながりの促進に寄与しています。

ハンドシェイクは、これからも利用者の成長と地域社会の発展を支援し続けます。常に利用者のニーズに耳を傾け、地域の雇用状況や社会ニーズに対応したプログラムを提供していきます。地域社会との協力関係を強化し、より多くの人々が自立して生きることができる社会の実現に向けて、さらなる努力を重ねていきます。

将来のカリキュラムの展望

ハンドシェイクは、より効果的な就労移行支援プログラムを提供するために、ニーズの変化や社会環境の変化に柔軟に対応していきます。常に利用者の声に耳を傾け、彼らの要望やニーズに合わせたカリキュラムを開発していくことが重要です。また、社会の動向や技術の進歩に即座に対応するために、最新の支援プログラムを展開し、参加者が時代の変化に適応できるよう支援します。

さらに、地域社会との連携を強化し、地域の雇用状況やニーズに即したプログラムを提供していきます。地域企業や地域団体と協力し、地域社会における就労機会や福祉リソースにアクセスするためのサポートを充実させます。地域との連携を深めることで、参加者が地域社会で自立した生活を送るための機会をさらに拡大していきます。

これらの取り組みにより、参加者がより良い未来を実現するための支援を継続して提供していきます。ハンドシェイクは、利用者の成長と地域社会の発展を両立させながら、より包括的で効果的な支援を提供し続けることで、地域社会の持続可能な発展に貢献していきます。

Q&A:ハンドシェイクのカリキュラムに関する質問と回答

Q1: ハンドシェイクのカリキュラムは、どのような特徴がありますか?

A1: ハンドシェイクのカリキュラムは、個々のニーズに合わせたカスタマイズされた支援を提供する点が特徴です。また、全国でもめずらしい“整体”も学ぶことができます。参加者の能力や志向に合わせたプログラムを展開し、継続的なフォローアップを行います。また、地域社会との連携を重視し、地域の雇用ニーズや求人情報に即した支援を提供します。

Q2: ハンドシェイクのカリキュラムで提供されるトレーニングやプログラムの内容は何ですか?

A2: ハンドシェイクのカリキュラムには、職業訓練プログラム、自己理解と能力開発プログラム、キャリアカウンセリングや進路相談、実践トレーニングや就労体験などが含まれます。参加者のスキルや志向に合わせたトレーニングを提供し、自立した就労をサポートします。

Q3: ハンドシェイクのカリキュラムで提供される整体の学習プログラムについて教えてください。

A3: ハンドシェイクでは、整体の学習プログラムも提供しています。これは、身体の不調や疲れを和らげる手技療法を学ぶプログラムであり、就労者が身体的な健康を保ちながら働くためのスキルを身につけることができます。

Q4: ハンドシェイクのカリキュラムを通じて、どのような成果が期待されますか?

A4: ハンドシェイクのカリキュラムを修了した参加者は、自立した就労や社会参加を実現し、地域社会に貢献することが期待されます。彼らの成功は、地域社会の多様性と包摂性を促進し、地域全体の発展に寄与します。

Q5: ハンドシェイクの将来のカリキュラムについての展望はありますか?

A5: ハンドシェイクは、将来もニーズの変化や社会環境の変化に柔軟に対応し、より効果的な支援プログラムを提供することを目指しています。常に利用者の声に耳を傾け、最新の支援プログラムを展開していく予定です。

まとめ

ハンドシェイクの就労移行支援カリキュラムは、個々のニーズに合わせたサポートを提供し、地域社会での自立した就労を支援しています。そのカリキュラムは、ただ単に職業訓練や仕事の紹介に留まらず、参加者が真に必要とするサポートを提供することをハンドシェイクは使命としています。障がいを持つ方々が自立し、社会での自己実現を果たすためには、適切な支援が不可欠です。ハンドシェイクでは、その支援の一環として、専門的なカウンセリングや個別指導を通じて、参加者が自己理解を深め、自身の能力を最大限に発揮できるようにサポートしています。

また、地域社会との連携を強化することも、ハンドシェイクの重要な使命です。東京都、町田市を拠点に、地域の雇用状況や求人情報を把握し、参加者に適した職場を見つけることを目指しています。地域企業や団体とのパートナーシップを築き、参加者が地域社会で自立した生活を送るためのサポート体制を整えています。これにより、参加者は地域社会との結びつきを強め、自らの生活基盤を築くことができます。

ハンドシェイクは、これからも利用者のニーズに寄り添いながら、より良い社会の実現に向けて、努力を続けていきます。参加者が自立した生活を送るためのスキルや機会を提供し、地域社会全体の発展に貢献することを使命としています。そのために、常に利用者の声に耳を傾け、地域のニーズに適したプログラムを展開していきます。そして、地域社会との連携を強化し、参加者が自らの可能性を最大限に活かせるよう支援し続けます。

よくあるご質問
FAQ

障害者手帳がなくても利用できますか?
障害者手帳をお持ちでない方でも、医師の診断書や定期的な通院があれば自治体の判断により利用可能な場合がございます。また、自立支援医療等と同様の基準でサービスを受けることができます。実際に障害者手帳がなくても利用されている方もいますので、まずはハンドシェイクへお問い合わせください。
利用料はどれぐらいかかりますか?
前年の世帯所得に応じて変わります。おおよそ9割以上の方が自己負担額0円で利用されています。詳しくはお住まいの市区町村にお問い合わせください。
就職後のサポートはありますか?
就職後半年間は面談や企業訪問等を行い、職場で適切な関係性を築き安心して働けるようにサポートさせていただきます。その後、就労定着支援の利用をご希望される方は上限3年まで引き続きサポートを受けることができます。

店舗情報

INFORMATION
店舗名
就労移行支援事業所ハンドシェイク
住所
〒194-0013
東京都町田市原町田3丁目8−12網倉ビル3F
tel
042-850-8498
アクセス
小田急線町田駅(東口)
JR 横浜線町田駅(ターミナル口)

お問い合わせ

CONTACT

利用または体験などに関する
お問い合わせはWebフォーム、
またはお電話にて
お気軽にご連絡ください。

メールでのお問い合わせ

お問い合わせフォーム

電話でのお問い合わせ

042-850-8498 受付時間 平日09:00〜18:00